3度の引越しの為、郵便局の転居届でゴチャったので共有します。。。

郵便局の転居届を2住所分出した

スポンサーリンク







引越す時、役所での手続きとともにやっておきたいのが郵便局への転居届ですね。

前回、役所での手続きのお話でも触れましたが、筆者は在職時に短期間で2度引越しをしています。前回のお話こちら

今回は更に遡って1年以内の3度の引越しの為、郵便局の転居届で多少ややこしい事になりましたので、共有します。

転居届の記載事項

届出年月日、転送開始希望日、旧住所、連絡先、転居者氏名、新住所、新住所での連絡先、転居届提出者氏名、転居者との続柄(本人にチェック)

※印鑑なしでもいけました、同居者がいたり、代理人の場合多少記載事項等異なります。身分証の確認(運転免許証)。転送期間は1年間。

話の前提:3度の引越しで3カ所の住所が登場します。

  • 東京の住所…Aとします
  • 実家の住所…Bとします
  • 地元で一人暮らしする住所…Cとします

引越しの経緯については、初回の簡易自己紹介冒頭で少し触れています。こちら

引越しパターン

①AからBへの引越し

東京の仕事を辞めて、地元の会社に勤めだす前に、実家に戻り2ヵ月生活してました。その為、Cに住み始める前にAからBへの引越しが発生し、転居届もAからBへの届け出をしました。

②BからCへの引越し

地元での仕事が見つかり、地元で一人暮らしをする為、BからCへの引越しを行いました。当然、BからCへの転居届を届け出ますが、この際郵便局の方から言われたのは、AからBへの転居届もAからCへの転居届に届け出直さなければならないとの事でした。

Aの住所宛に発送された郵送物は、①の届け出でBに転送されるから間接的にCへ転送されるんじゃないのと思いましたが、確かに①の転送期間が切れてしまうと再度届出る必要があるので二度手間になってしまいますね。

或いは、郵便局側の都合で、3カ所間の転送はできない等の問題もあるのかもしれませんが。

③CからBへの引越し

地元で見つけた仕事を即効で退職し、再度実家へ戻ります。この際、Cへの転送が一切必要なくなるわけですが、転送届の削除というのはできないみたいです。その為、BからCへの転送届についてはその逆のCからBへと届け出直し、更にAからCへの届け出は再度AからBへの転送に戻しました

この時も、Aへの郵送物はC経由でBに転送されるのではないかと思いましたが、理由は②の時と同じですね。

結局、2カ所に対しての届け出を行い続けることになりましたが、郵便局側のシステムの仕様上?届け出の情報は常に上書きされ、最新の情報を識別して転送するため3カ所間の転送はできないという事ですかね。または、二度手間の防止。

まとめ

そもそも、住所変更しっかりやっとけば問題ないんですけどね。でも、やっぱ短期間の引越しとなると、、、自業自得ですが。。

郵送されるものを増やさないのも手ですね。DMとか。


 

以上、3度の引越しの為、郵便局の転居届でゴチャったので共有します。。。でした。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

好奇心で気になったこと、調べて身になったこと共有します。 趣味みたいなことも、初心者目線でこれから始める人に共有できたらと思います。 現在、転職活動中の平成ファースト世代です。